社会に役立つ建築の資格

subpage1

建築は社会のインフラを支える重要な要素です。建築に資格の中でも中心的な役割を担うのが建築士です。1級、2級、木造に分かれており、最も受験しやすいのが2級の資格です。

ビジネス視点で不動産の資格情報ならこちらのサイトです。

受験のためには学歴又は実務経験等が必要で、工業高校の専門教科を履修して卒業した場合、実務経験3年で受験資格が得られます。



試験は学科と設計製図に分かれ、学科は計画、法規、構造、施工の科目に分かれています。
ほとんどが高校や専門学校の専門教科で学んだ内容で、法規は独自に勉強が必要です。


学科試験に合格すると、その年と翌年の設計製図試験を受けることができ、どちらかに合格することが必要です。


設計製図の試験は課題が事前に発表され、試験当日に詳細な試験内容がわかります。



設計製図の試験では、主に住宅や併用住宅に関する課題が出され、指定時間内に求められる図面を作図しなければなりません。

全体の合格率は20%前後で、勉強すれば合格できる内容です。

2級建築士の資格を得ると、住宅の用途を中心とした一定規模の建築物の設計と監理ができるようになり、設計事務所としての独立も可能です。


建設会社においては建設業法に定める主任技術者が必要とされますが、その時にも2級は役に立ちます。

さらに経験を積めば1級を受けることもでき、さらに活躍の場が広がります。2級の活躍の場は主に住宅の設計及び施工です。住宅会社では2級の技術者が中心的な役割を担い、日本の住空間の発展に寄与しています。