不動産の独立開業系の資格は

subpage1

不動産の独立開業系の資格といえば、土地家屋調査士と司法書士です。


双方とも不動産に関して特化した仕事です。

交野市の新築一戸建てに関してとにかく簡単に調べられます。

まず土地家屋調査士は、一般的には馴染みの薄い資格ですが、まず不動産は表示登記といってその名称を付与する必要があり、ここから土地や建物の存在を世に表示することになります。


土地や建物が現存していることを登記所にて公示するための手続きをする仕事で測量の知識が要求されます。
そしてこの表示登記が終わったものを民法の物権として公示保存または権利変動する申請をするのが司法書士です。



司法書士は主に不動産の権利関係を主に行う資格です。


これらの土地家屋調査士や司法書士の大きな特色はこの業務が専業の職域である点でこのような仕事は実は法律系のオールマイティである弁護士であっても行えない仕事である点です。



それゆえに独立開業に適した資格と言えます。

職域をとりやいにならないように土地家屋調査士や司法書士の協会は、その人数のが過剰にならないように調整しています。

そのために双方の資格は難関試験に類するもので合格率は2から4%で推移していますが、独立開業系なので高収入が見込まれます。


平均的な年収は双方とも1千万円を超えますので40歳ぐらいのサラリーマンと比較しても、平均年収では1.5倍以上になります。またこれらの不動産の独立開業系の仕事は定年がないので、健康であれば生涯この仕事を続けることも可能であるところも最大の魅力と言えます。