我が家の庭に施工したリフォームについて

築20年程度の一戸建て住宅に住んでいます。

普段は会社員として勤務している男性ですが、休日などには庭に行き、ガーデニングを楽しむことを趣味としています。

横浜のマンションリフォームについて詳しく知りたいならこのサイトです。

我が家では玄関の近くに立水栓が設置されているのですが、直ぐ横には自動車を駐車するためのスペースがあり、立水栓は洗車を行う際に非常に役に立っています。

しかし、庭まではある程度の距離があるために、長いホースを伸ばして使用してきました。

ガーデニングに関しては、毎年行っているもので、植えている植物やプランターなども数多く所有しており、年々グレードアップしている部分でもあります。


そのため水を使用する機会が増えていて、現状としてはホースを毎回使用することに不便さを感じていました。



そこで庭のリフォームを行うことに決めたのです。

施工を依頼したのはリフォーム専門業者で、インターネットで見つけた庭のリフォームを得意としている業者になります。

ネット上ではいくつもの施行した例の写真が載っていて、我が家も便利にするために、都合の良い施工例を見て依頼することになりました。



実際に行った工事では、玄関近くの立水栓を分岐させて庭まで水道管を延長させることによって、新しく水栓の使用できる場所を確保したことになります。

一見するとシンプルなリフォームに見えますが、水道管を地面下に埋設させており手間は掛かっています。

また、石材で作られている洗面台のようなものも屋外に設置したために、洗い物も出来るようになり、非常に便利なリフォームになりました。