建築業で役立つ資格とは

subpage1

建築業では会社の評価を高める為に社員に資格取得を期待します。

又、途中入社でも非常に役立つ資格がありますのでご紹介いたします。甲乙付けがたいものとして一級建築士と一級施工管理です。

通常、建築会社にはいれば、課長以上は8割がた有しています。



但し、一級建築士は難易度が非常に高い為ほとんどが二級建築士です。


会社の成績といいましたが、具体的には社員が特定の資格を有していると経営審査事項というものがあるのでが、そのときに加算され会社が評価されることで、公共機関の入札等に役立ちますし、実際に現場で仕事をするうえでもマンションの管理組合などと折衝することが多くなる現場責任者になると一定の資格を有していることで安心感も増し仕事が非常にスムーズに進むという仕事上で一番のメリットがあります。


多くの会社では戸建て住宅を建てたり、中には建売住宅や注文住宅を土地の仕入れからお客様と話をつめていくケースもあります。

少し、異なりますが宅地建物取引士があればマンションの大規模修繕等で無く、戸建て住宅を主とする工務店等では重宝がられますのでお勧めです。

基本も充実した建築の資格の初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

意外に思うかもしれませんが、事務方、経理仕事をするうえでも建設業計理士というものがあり、こちらは、日商簿記検定と似ていますが、難易度は日商簿記1級、建設業計理士1級、日商簿記2級、建設業計理士2級といった具合です。
面白いのは、経営審査での加点には日商簿記検定は全く対象外で比較的簡単な建設業計理士2級で加点があることです。


事務方に転職を希望される方は、もし、日商簿記の勉強経験、取得済みの方ですとまず合格できますので面接時のアピールの為にも自身の会社でのスキルアップの為にも取得を目指したい資格といえます。



身に付けたい知識

subpage2

建築は社会のインフラを支える重要な要素です。建築に資格の中でも中心的な役割を担うのが建築士です。...

more

住宅をもっと知る!

subpage3

不動産の独立開業系の資格といえば、土地家屋調査士と司法書士です。双方とも不動産に関して特化した仕事です。...

more

初心者向き住宅

subpage4

不動産については土地家屋調査士という国家資格があります。土地の購入に際して敷地境界がはっきりしない場合には関係者立ち会いのもとで境界確認を行ったり、公簿面積だけではなく、詳しい実測図が必要な場合にはこの資格者に依頼して土地の測量を行い面積を出してもらうことになります。...

more

住宅が気になる方

subpage5

不動産関係の資格では不動産鑑定士という資格が知られています。不動産鑑定士の仕事としては国や地方自治体において1年に数回行われるとされる全国の土地価格、地価公示と呼ばれる個別の地点、適正な価格に基づいて標準地の価格が一般に公表されていますがこの仕事に携わっていることが身近な例として挙げられます。...

more